日本のことがお気に召しますように Hope you find Japan to your taste.

ストレス - Stress

 

茶道

 

日本人の8割が何らかのストレスを感じているという統計があります。

 

・ストレスのランキング

 

 

仕事 Work

 
家族 Family

 
通勤・通学 Commuting

 
子育て Parenting

 
就職活動 Job Hunting

 

 外国の人の反応

 

  「ニュージランドではお金よ!」
  「家族がストレスというのはおかしい」
  「命の危険がないものばかり」

 

・外国の人が日本で感じるストレス

 

 「満員電車」
 「ファッション」 (日本人はおしゃれすぎるみたい)
 「してはいけないルールが多すぎる」
 「分別収集」
 「カスタムオーダーができない」(レストランにないメニューが頼めない)

 

・外国の人の自分の国でのストレス

 

 列の割り込み (cut in line)
 治安 (Security) (遠回りして出かけることもある。子供がそばにいるか常に不安。)

 

・必要性

 

 外国の人は、ストレスが無いと言われるとうれしい、ストレスが無いことに感謝する。
 日本人は、ストレスがあるように思われたいし、必要かもと思っている。

 

 ある程度のストレスは必要悪であり、責任のある仕事をしていると思われたい意識があります。
 ストレスが無いのはできないやつだと。

 

 

 

ストレス(Stress)とプレッシャー(Pressure)とは異なる?
ストレスはネガティブなもの?
プレッシャはむしろ楽しむものと捉える人も。

 

 

 

・日本人のストレス解消法

 

 

運動 Exercise
 
 
酒 Drinking
 
 
カラオケ Karaoke
 
 
オフ会 Meet-ups
 
 
音楽を聴く Listen to music
 

 

 その他に、都会に行くとか、みんなと一緒に遊ぶなど。

 

 オフ会は、自転車オフ会、マンガオフ会、ディズニーオフ、USJオフ、・・・

 

 外国では、「休暇を取る」とか、「一人で過ごす」というものが多い。
 日本では、みんなで楽しむようなものが多いのかもしれません。

 

 外国の人の声

 

  「日本人は、ストレスに耐え、ストレスから逃げたり避けたりしている」
  「忍耐は美徳と思っている」
  「ストレスに直接に対峙していない」
  「話し合うこと、直接的なことをしない」「私ならボスに直接文句を言う」

 

 

日本人は、みんなと仲良くすることが、社会でうまくいくコツだと信じています。また、人がストレスにも喜びにもなり、人と繋がっていないと問題があるように思われています。

 

飲みニケーションというコミュニケーションのスタイルも、カラオケというサブカルチャーも、ストレス解消や避けることから生まれたという意見もあるようです。

 

対峙して相手を負かすことだけが、解消する手段ではないと思っているし、むしろ、逃げようが、避けようが、とにかくうまく自分の精神をコントロールすることを考えようとします。一般的に、対峙することは争いを生むので、良くないと思っているのです。最近は、はっきり対峙する人間も増えたようには思いますが、それが、自分だけストレス解消するのではなく、利害に関わるみんなも解消されるなら受け入れられると思います。

 

日本人のストレス解消法ははたして、Coolなのか?


おもてなし Omotenashi - Hospitality

障子

 

おもてなしとは、日本的な人と人との接し方です。王様や金持ちや高貴な人に対してなら、どの国の人も行うと思いますが、日本人は、お互いを尊敬し、お互いが謙遜し、「されたらうれしい」ことをもてなす、つまり、丁重に振る舞うのです。気持ちがそうさせるものであり、手先の器用さも貢献しています。

 

お客様をもてなす時は、最大限のもてなしを、自分が客になった時は、恐縮し、緊張感を保ちながらも、もてなされることを期待し、もてなされたことに感謝したいのです。

 

 

外国の人が感じるおもてなし

 

 ・カフェやお店でのお水やおしぼりのサービス

 

  冬はあたたかいおしぼり、夏は冷たいおしぼり

 

 ・タクシー

 

  車内が清潔(白いシーツ、制服、ネクタイ、汗防止や清潔感を出す白い手袋など)
  丁寧な運転
  礼儀正しい

 

  車内に、食べかすや、服などが落ちているタクシーが珍しくない国があるという。

 

 ・地下鉄のサービスマネージャー

 

  声を掛けて、わかりやすく案内してくれる。地図やタブレット端末を持っていたりする。

 

 ・地下越係員呼び出しボタン(help button)

 

  券売機と券売機の間の小窓が開き、係員が顔を出すのにビックリするが、これもおもてなし。
  日本のハイテクなシステム(train system)の中で、とても人間的なおもてなしだと思います。

 

 ・靴屋

 

  店員がひざまずいて、靴を履かせてくれる。
  しかし、日本で、自分を王様か殿様のようにもてなすことは、靴屋に限った話ではありません。

 

 ・チップは要らない

 

  サービスを提供する側は、お金を渡さないと動かないと捉えられることを嫌います。
  もてなしに感謝されることが最大の喜びです。システムとしてチップ制度はないため、不要です。

 

 ・お泊りでのおもてなし

 

  王様のようなおもてなしを受け、感動する外国の人もいるけど、
  距離を感じてよそよそしいと感じる人が多いのは事実。本当は、家族のようにしたいのにと。

 

  しかし、おもてなしというのは、お互いがフレンドリーに接することではありません。
  国によっては、自分の家のようにくつろいで、勝手に冷蔵庫を開けられる関係がいいらしい。

 

  家族のような関係になっても、親しき中にも礼儀あり(A hedge between keeps friendship green.)。
  当然、お互いに堅苦しさはなくなりますが、もてなしの度合いを緩めるというものでもありません。

 

 

 

おもてなしの接客をマニュアル化して、海外に紹介している化粧品メーカーもあります。日本では普通に行われていることがです。

 

日本のおもてなしにビックリする外国の人がいるでしょうし、coolな日本を感じると思いますが、日本人としては、「もてなす」気持ちがあれば、当然というサービスばかりです。

 

 

 


京都 - Kyoto

京都 舞妓

 

東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら TOEI Kyoto Studio Park)

 

 東映太秦映画村|時代劇撮影を見学し、時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて体験できるテーマパーク

 

 京都にある映画のテーマパーク(Theme park)

 

 江戸時代のテーマパークともいえる。

 

 映画の一つの作品のためのものではなく、多くの映画撮影のための場所。

 

 昔の日本が残されており、映画人によって継承されている。

 

マンガミュージアム(Manga Museum)

 

 京都国際マンガミュージアム - えむえむ

 

 総合マンガ博物館であり、マンガの収集と研究が目的 (博物館と図書館の機能)

 

 

 マンガミュージアムと呼ばれる漫画やアニメ作品に関する資料を展示する博物館は、全国に60館以上ある。

 

 モンキー・パンチ・コレクション|浜中町・ルパン三世-宝島プラン-
 三鷹の森ジブリ美術館
 --東京アニメセンター--
 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
 神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
 水木しげる記念館_(ノΘ..ヾ)
 北九州市漫画ミュージアム

 

 京都精華大学には、マンガ学部がある。
 マンガ学部 京都精華大学

 

町家(まちや Machiya)

 

 奥行が深く、うなぎの寝床と呼ばれている。

 

 中庭(坪庭)があり、明かりが取り込まれている。風通し良くするためでもある。

 

八つ橋(やつはし Yatsuhashi)

 

 

 

 シトロン、アップルなどさまざまな「あん」をアレンジしたものもある。

 

 

京都は、西暦794年(延暦13年)、平安京に遷都したことに始まる千年の都です。
現在は首都ではないですが、まったく過去の街ではありません。

 

伝統だけで生きているどころか、伝統とテクノロジーを融合し、先進性を取り入れた街なのです。

 

 【京都デニム公式サイト】KYOTO DENIM
 京都デニム - Kyoto Denim - 京都市 - 衣料店 | Facebook

 


牛肉 - Beef

霜降り肉 shimofuri beef

 

日本の牛肉は、薄切りで売られている。

 

霜降り肉(shimofuri)が人気。

 

すき焼き(sukiyaki)、肉じゃが、牛丼(beef bowl)などの家庭料理が人気。

 

すき焼きは、特別な日に食べることが多いようです。
ただ、外国の方は、生卵で食べるのが苦手な方もいます。

 

カビ肉という、温度0℃、湿度90℃で、2ヶ月熟成させた肉があります。
肉のうま味が凝縮され、ジューシーになるという。

 

 

欧米に比べ、肉の食文化は、日本では新しいが、どんどん改良されていくのです。

 

赤身が敬遠された昔と異なり、赤身の肉も、日本では改良されているようです。

 

今や、霜降り肉だけが、日本風の日本を代表する肉ではないのです。

 


職人 - Claftman

 

江戸下町伝統工芸館

 

 江戸下町伝統工芸館では、台東区の伝統工芸品を紹介してます。

 

 庶民の町、台東区という下町の風土と歴史から生まれた伝統工芸品です。

 

 ふすまの取っ手の職人、ヤスリの職人、・・・

 

 外国人の声

 

  「職人として生活できるのがすごい。」
  「欧米では、芸術家でないと尊敬されない。」
  「社会的地位が高い。」
  「伝統と名誉を重んじている。」

 

 日本では、伝統は職人が引き継いでいくものです。殿様でさえ、伝統に従うようです。

 

 

佐野造船

 

 佐野造船所
 SANOMAGIC-佐野末四郎の世界

 

 木を曲げる技術と正確さに感動です。

 

 木製自転車(wooden bicycle)は、まさにSANO MAGICです。
 お金(商売)を優先させず、お客さまの満足と心の裕福に繋がることが大事な価値観のようです。

 

 

・町工場の職人

 

 日本のハイテク技術を支える町工場

 

 0.01mmの金属を削ることができる老人。

 

 新しい素材が出るたびに、削る厚みを耳で覚える人もいるとか。

 

 

 

日本の職人を見ていると、伝統を守り、革新していく姿が見えます。伝統を変えないだけでも、壊すだけでもない。

 

また、儲けすぎると、伝統を守れないことを、みなさん認識していらっしゃいます。

 

職人を含めて、日本は、もしかして欠損した産業がないのではないでしょうか?

 

非常に幅広い分野の産業で、何らかの仕事に従事する人がいるから、資源や原材料さえあれば、国が成り立つのかも。

塩 - Salt

日本でにまつわる話を3つ取り上げます。

 

塩スイーツ

 

 日本では、塩という名を含んだ料理やお菓子などの商品名が多いです。

 

 

 

 塩ロールケーキ、○○塩味、うすしお○○、塩○○、塩入り○○、○○&ソルト、・・・

 

 塩ロールケーキなどは、甘さの裏に塩が隠れていると言われています。
 一般的に呼ばれる塩スイーツと呼ばれるものの発祥はフランスらしいですが。

 

 日本人は、料理でも、いかなる商品でも技術でもそうですが、
 ちょっと変えてみたい、個性をもっと出したい、という気質があります。

 

 さらに、どんどん外国のものを取り入れてアレンジしたいと思っているのです。

 

 また、塩だけの専門店があったり、スーパーでの専門コーナがあったりします。
 数百種類もの塩を取り扱っているらしいです。抹茶ブレンドの塩や、カレー味の塩など。

 

 日本で、塩が料理名となるのは、みそやしょうゆ味と区別するためなのでしょうか?

 

 欧米では、ガーリック味、オリーブオイル味、ペッパー味とは言っても、
 すべて塩が入っているのが前提です。塩味とは言わない。

 

 日本人は、何かを足すと、深みが増すことを知っていて、とても探究心があることは言えます。

 

 

塩麹(しおこうじ)

 

 近年話題になった塩麹とは、麹(こうじ)と、塩と水を混ぜて発効させた調味料です。

 

 

 

 麹というのは、米や大豆などにコウジカビを繁殖させたものです。

 

 麹も糀も同じ意味で、大豆麹、麦麹、米糀などと表記を使い分けます。

 

 糀屋本店 糀・麹 塩糀 甘酒・甘糀 糀の調味料販売・通販専門店

 

 糀屋本店 浅利 妙峰
 塩麹の生みの親である糀屋本店の名物おかみ 浅利 妙峰さんは、メディアでよく紹介されています。

 

 こうじ屋ウーマンと自ら呼ぶそうです。

 

 家庭で簡単に味わえるもので、塩麹で味付けした鶏肉を焼いただけでもかなり美味しいのです。

 

 生きた糀が、タンパク質を分解するため、うま味も柔らかさも増すからだそうです。
 生きた調味料(a real live seasoning)なんです。

 

 最近では、味噌麹(みそこうじ)とか、醤油麹(しょうゆ)というのがあるようです。
 麹から作ったはずの味噌や醤油に更に麹を加えるというものです。

 

 こうじ屋ウーマン浅利さんは、塩麹を広めるために、
 作り方を公開し、レシピをネットで投稿し、料理教室を開いているそうです。

 

 塩麹(しおこうじ)人気ランキング

 

 

潮汲み(しおくみ)

 

 出雲の人たちの潮汲みという風習があります。

 

 毎月、国譲りの神話で有名な稲佐の浜で海水を汲み、出雲大社や荒神社に参拝し、各家庭の玄海や仏壇などの部屋で笹の葉(ささのは)で撒き、浄めるのです。

 

 日本の神話の舞台で続く古い風習から、海の水は神聖なものと考えられていることが分かります。

 

 出雲の地元のおばあさんの話によると、人は水と塩と米でできているそうです。

 

 日本で、大事にすべき三つの象徴的な要素ともいえます。

 

 ご一緒に潮汲みをしてみませんか? 神迎の道ぶろぐ【島根県出雲市大社町】

 

 神迎の道 【島根県出雲市大社町】

 

 

・その他塩にまつわる風習

 

 日本では、一般的な仏式の葬式では、小さな袋に詰められた「お清めの塩」を配られます。
 (宗派によっては配らない)

 

 死というのは最大の穢れ、つまり、死穢です。
 家の中に入る前に、家族の者に、お清めの塩を振りかけてもらい、体を浄める(purify)のです。

 

 

 他には、店の前に小皿に盛られた塩を置くことがあります。盛り塩と言います。

 

 土地を清め、新しい力を生む効果を期待します。商売繁盛を願う意味合いもあります。

 

丼 - Donburi

 

どんぶりというのは、厚手で深い陶器や磁器の器のことです。丼鉢(どんぶりばち)とも言います。

 

その丼にご飯とおかずを入れた料理を丼物(どんぶりもの)と言い、日本人の好きな国民食とも言えます。

 

食べるのに時間が掛からず、人気がある庶民的な食べ物ですが、
ご飯におかずを載せる丼物に抵抗のある方も若干います。

 

親子丼、天丼、うな丼、カツ丼、牛丼、他人丼、すき焼き丼、・・・など、
日本人は、工夫するのが」好きですから、種類は数限りなくあります。

 

他にも、以下の様に、どうにでも展開できる丼があります。

 

ケバブ丼・・・とるこのケバブを日本人のために食べやすく、馴染み深くしたもの。
ローストビーフ丼・・・高級和食店で出されるハイクラスな丼。
コンビーフポテト丼・・・家庭用。コンビーフ+ポテト+卵を使ったもの。
イタリアン丼・・・ナスやズッキーニを使ったトマト風味の丼。

 

フレンチ丼、中華丼、天津丼、・・・

 

ちなみに、中華丼や天津丼は、日本発祥です。また、ドリアは丼ではないですが、これも日本発祥。

 

 

愛知県田原市には、どんぶり街道があります。

 

渥美半島「どんぶり街道」|田原市観光ガイド【渥美半島観光ビューロー公式サイト】

 

どんぶり好きな人には、楽しい旅となりそうな場所です。


漬物 Tukemono - Japanese Pickles

漬物 Japanese Picles

 

日本の漬物の特徴は、素材や漬物床(つけものとこ、漬床 つけどこ)の種類が多いことです。

 

・素材と漬物名

 

 梅 → 梅干し
 蕪(かぶ) → 千枚漬
 大根 → 沢庵漬け(たくあんづけ)、福神漬(ふくじんづけ)、べったら漬、
 白うり → 奈良漬け 
 胡瓜 → 奈良漬け
 西瓜 → 奈良漬け
 生姜 → 奈良漬け
 野沢菜 → 野沢菜漬け
 数の子+スルメ+昆布 → 松前漬け(まつまえづけ))
 らっきょう → 甘酢漬け、醤油漬け
 わさび → わさび漬け
 茄子 → 柴漬け(しばづけ)
 きゅうり → 柴漬け(しばづけ)
   ・
   ・
   ・

 

 

 

・漬物床の種類

 

 糠床(ぬかどこ)、麹床(こうじどこ)、味噌床(みそどこ)、米糀床(こめこうじどこ)、おから床、・・・

 

 糠床で漬けた漬物は、総じて糠漬け(ぬかづけ)と言います。

 

 冬に新鮮な野菜が手に入らないため、野菜の保存用に漬物にしておいた知恵だったのです。

 

 

 

・浅漬の素

 

 現代の日本では、家庭で、愛情を込めて、手まめに世話をするのは大変です。
 若い人のほとんどは、家庭で漬物を付けない時代です。

 

 しかし、短時間でおいしい漬物ができるものがあります。

 

 

 

 浅漬の素というのは、素材を刻んで、揉むだけで、30分経てば漬物になるすぐれものです。

 

 甘味(あまみ)、辛味(からみ)、旨味(うまみ)、酸味(さんみ)、塩味(えんみ、しおあじ)
 の5つの味のバランスが整っているのです。

 

 

・ぬか炊き

 

 米ぬかと塩と水を混ぜて発酵させたものでみそに似た糠味噌(ぬかみそ)というものがあり、
 この糠床で漬けた野菜を糠漬け(ぬかづけ)と言います。

 

 

ぬか漬け nukaduke

 

 福岡県の北九州地方では、この糠味噌を使って、鰯(いわし)を煮る、ぬか炊きという料理があります。

 

 

 

糠床の糠の臭いは臭いですが、
この糠を使い、醤油やみりんなどの調味料と一緒にぬか炊きした魚の煮付けは美味しいです。

 

魚の臭みはなく、ご飯にとてもよく合います。

 


駅ビル - Station Building

東京駅舎 Tokyo Station

 

日本のというのは、列車(train)のただの乗り降りや通過点ではありません。

 

駅を大規模化した駅ビルというものが、商業施設やいろんな機能を抱えているケースが多いです。

 

そこには何でも揃っており、文化的要素がある場所で、一つの街なのです。

 

大阪の阪急梅田駅の阪急本社ビルディングが最初の駅ビルだそうです。1920年代。

 

そういう観点から現代日本のcoolな駅ビルをまとめてみます。

 

 

・東京駅

 

 700以上の店がある東京駅
 美術館がある  東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -

 

 

・鶴見駅(神奈川県横浜市)

 

 シァル鶴見

 

 屋上に枯山水がある
 シァル鶴見枯山水

 

 曹洞宗建功寺の住職・枡野俊明さんプロデュースの禅カフェがある。坐月一葉(zagetsukazuha)
 鶴見-シァル鶴見|坐月 一葉

 

 

・小岩駅(JR東日本)

 

 駅ビルの小岩PoPoの営業時間外にも通路を通れ、トイレまで使える。
 小岩駅|駅パラ探検隊

 

 

・駅直結型マンション

 

 これは交通と結びついた住宅ということです。
 利便性を追求したもので、市役所の出張所やトレーニングジムが完備されているものもあります。
 不動産情報でも、駅まで徒歩1分となっていたりします。

 

 

・京王吉祥寺駅ビル

 

 JR東日本のグループ会社が運営するアトレという駅ビル。
 総合演出型駅ビルと言われる。

 

 アトレ吉祥寺(駅パラ)
 アトレ吉祥寺 -atre-

 

 休憩できるベンチがあり、植物などの緑が多いです。
 インフォメーションセンターは、街の施設や商品も探して案内してくれます。
 まるでコンシェルジェのよう。

 

 駅ビル会社は、サービスを提供する総合プロシューサーなのです。

 

 

・越中船橋駅(富山県中新川郡舟橋村竹内 富山地方鉄道)

 

 越中舟橋駅 富山地方鉄道株式会社
 舟橋村|施設案内|舟橋村立図書館|ご利用案内
 舟橋村立図書館における村おこし駅舎との一体化(富山県舟橋村立図書館):文部科学省

 

 図書館のある駅ビルで村おこししたということです。

 

 そこでは、年配のボランティアに女性が、若いお義母さんを手助けしたりするそうです。
 公園で会話するのは難しいが、図書館ならし易いということなのです。

 

 図書館にカモシカが入ってきたこともあったという。
 カモシカとしょかん

 

 

海外の声

 

 「駅であることを忘れてしまうことがCOOL」
 「私の国では、駅は乗って降りるだけの場所」
 「日本の駅ビルは、人と地域を結び付けてくれる」

 

日本の駅ビルには、他に、温泉、保育所、病院、郵便局、クッキングスクール、占い、カラオケ、劇場、・・・などがあります。


おわび - Apology

お詫び owabi apology

 

おわびお詫び)というのは、謝ることです。謝罪することです。

 

日本人の特徴の一つは、「すぐに謝る」ということです。

 

それは、和 と 謙虚さ と 素直さ というものが大事と思っており、相手にも求めるからです。

 

謝れば許すので、一般的には、お金で解決させようとしても納得しません。

 

謝ることを相手に求め、逆の立場だと、誠意をもって謝ろうとします。

 

相手のミスで商談が流れた場合でも誤ろうとし、しかも、お互いが謝ろうとするのです。

 

関係を悪くするようなことは、和が乱れることになり、望ましくないし、自分のミスでもあると謙虚な姿勢になるのです。

 

過去を清算するためにも、次への円滑な関係に繋げるためにもきちんとお詫びをするのです。

 

 

謝る代表的なシーン

 

 1. 結果が出ない時
 2. 周りの期待に答えられなかった時
 3. 部下がミスした時
 4. 相手がミスした時

 

海外では、1か2のケースで謝ると思います。

 

日本では、3のケースでも誤ります。
商談がうまく行かなかった時は、4のケースでも謝ることがあります。
どちらも、共同責任の意識もあります。

 

お詫びをする時の行動としては、

 

 お菓子を持っていく。(菓子折りという。贈り物用の菓子。駄菓子ではない)
 深刻な顔をする。
 手紙を出す。(メールではなく)
 会って謝る(face to face)
 土下座をする。(Kneeling down on the ground)

 

謝る理由についての日本人の声

 

 「人の気持を考えるから。」
 「仕事が円滑に進むためと思うから。」
 「素直に謝って次のステップに進みたいから。」
 「お詫びというのは、人間嘉永の潤滑油だから」
 「にhんは気遣う文化だから」
 「人間関係を大切にするから」
 「交渉をゆうりに進めるため」

 

 すべて、相手が日本人の場合で有ることを前提にしていると思います。

 

日本人が謝る理由についての海外の声

 

 「謝るように教育されているから。」
 「争いを避けているから。」
 「緩衝材の役割を果たしている。」
 「営業の場でも、日本人は誤ってばかり。」

 

お詫びに関する価値観についての海外の声

 

 「フランスでは、人に弱みを見せないことが大事」

 

 

日本人は、お詫びに限らず、その場の雰囲気で、その場を保つための行動をするのです。

 

その場を保ち、次に繋がる行為として判断した結果、謝ることが多いのです。

 

素直に謝ることは、親や学校で学びます。

 

そして、社会人になってからも、その場の雰囲気を感じることを鍛えられ続けるのです。

 

雰囲気がまずいと知ると、自分に非(ミス)がなくても、謝るという選択肢を選ぶのです。

 

 

「ご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫びいたします。」

 

企業の不祥事によるおなじみの謝罪会見がありますが、
儀式化して誠意を感じない場合もあります。

 

保身のために事実を述べてないとか、誤魔化そうとしていることが分かる時など。

 

要するに、心配(concern)を引き起こしたことと、騒ぎ(commotion)による迷惑に、
「深くお詫びいたします。(We deeply apologize.)」ということなのです。

 

誠実に(心を込めて)、真実を述べて、きちんとお詫びすることが大事だと思います。

 

 

おわびの授業をする学校があります。

 

子どもたちが、自分たちで考えながらおわびについて取り組むのです。

 

 何がいけなかったのか、言い訳なのか正当な理由なのか、
 許しをもらうべきか、許しを請うのはいけないのか、・・・

 

大人になっても、カスタマーセンターなんかでは、
クレームに対する対処やおわびや、うまく誠意を示す方法などを鍛えるのです。

 

潔く謝り、一方的ではないお互いさまの精神を持ち、謝ることで争いを生まないか、
終わらせようとする心が見えれば、日本人はおわびをする相手を許すのかもしれません。


お気に入りジャパン:COOL JAPAN - その2関連ページ

COOL JAPAN - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
COOL JAPAN - その3
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
COOL JAPAN - その4
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
COOL JAPAN - その5
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。

 
HOME COOL JAPAN 日本事典 日本大好き外国人 海外で有名な日本人 日本の貢献 サイトマップ