日本のことがお気に召しますように Hope you find Japan to your taste.

日本人がやりそうな言動

 

日本のビジネスマン

 

日本では当然ですが、海外においても「やってしまいそうな日本人にしぐさ」を列挙してみます。

 

日本に長く滞在している海外の人もやってしまいそうなしぐさです。

 

 

・やたらとお辞儀をしてしまう。

 

 これは、競うようにしてしまう行為かもしれません。

 

 「感謝の気持ちをどうか分かってください」、
 「一回ではなく何回も示しています」、
 「自分の方が礼儀をわきまえている」・・・などの心理でしょうか。

 

 相手を立てる意味合いもあるし、自分の方が多くお辞儀することで謙る(へりくだる)ことになり、
 結果的に相手に敬意を表すような。

 

 挨拶や感謝の気持ちを表すために、相手に向かって頭を下げ、腰を折るお辞儀という行為は、
 そうしない国の人から見ると違和感たっぷりなのでしょう。

 

 王様やエライ人には頭を下げることはあっても、普段はしないのです。

 

 

・タクシーに乗る時、自動ドアだと思って自動で開くのを待つ。

 

 お客様は神様であると、サービスを供給する方も受ける方も認識していて、
 それが身に染み付いた社会の一例です。

 

 

・トイレの便座の蓋(ふた)が自動で上がるのを期待する。

 

 自動化や機械仕掛け(きかいじかけ)に慣れていて、身の回りがそういう便利さで溢れています。

 

 清潔好きなため、できるだけ手で触りたくない要望も満たしていると思います。。

 

 

・食事をカメラで撮る

 

 自分の行動の足あとや成果をビジュアル的に残し、ブログやfacebookなどで公開したいのです。

 

 

・感心した時や、うなずく時、「へぇ〜」と言う。

 

 感心や感動したり、思わず口にして叫んでしまう言葉です。

 

 間投詞(感動詞)で、「そうなんだ」という意味です。

 

 「本当?」「まじで?」という意味合いもあり、英語で、Really?とかOh,yes?などの表現になります。

 

 「hee」という響きが、海外の人には面白いのでしょうか。

 

 英語における間投詞は、Ah,Ho,Oh,Ha,Er,aha,Eh,Ooops,Ha,Wow,・・・など、いろいろあるようです。

 

 感心した時は「へえ〜」、 なるほどと思った時は「ほお〜」、
 驚いたりしたり意外に思う時は「え〜!」とか「えっ?」、
 聞こえなかったり、意味が分からなかった時は「はい?」、
 「それ違うだろ」と思った時は「はあ?」などという表現があります。

 

 会話中によくうなずくしぐさも日本人ぽいですね。

 

 相手に、積極的に関心を持って聞いていることを態度で示すことは、会話では良いようです。

 

 

・乗り物に乗ると寝てしまう

 

 これは、炭水化物を多く摂取するなど食生活の影響があるようです。

 

 また、車内で寝ても安全であるという安心感と油断から、寝ても大丈夫と思うのです。

 

 

・否定する時、鼻の前で手を横に数度振る。

 

 海外では、臭い時にするようなしぐさのため、海外の人には違和感あるでしょうね。

 

 

・自分のことを示す時、人差し指を自分の鼻に向ける。

 

 海外では、胸に親指を指す国が多いような気がします。 「Me?」みたいな。

 

 

知人の中国の人も、上記のようなことをやってしまったり、漢字を日本語風の読み方で読んでしまう(?意味不明)ような事も言ってました。

 


日本人の特徴

ビジネスマン

 

・握手が苦手・嫌い

 

 日本には、握手の習慣はありません。

 

 しかし、親しくなれば握手をする人はいますが、一般的ではありません。

 

 背景には、清潔好きで、ケガレ意識があると思います。

 

 肌を触れ合わせることはせずに、程(ほど:許される範囲)を保つことを礼儀とします。

 

 

 近年、ハグは問題なくできるようになった日本人は多いです。

 

 ただし、水着の状態ではできない人がほとんどだと思います。

 

 大人同士はともかく、親が子供に対して、思いっきりハグすることには賛成です。

 

 自分の経験上、愛情表現としてとても有効です。

 

 

 フランスの挨拶のビズなどというのは、とんでもないです。

 

 ほっぺを軽く合わせて、「チュッ」と音を立てるだけのようですが、
 男同士はしないのか、何回やるのか、どういう時にやるのかなんて分かりません。

 

 先方からビズを求めてきたら、力を抜いて応じようと思っている人はいるかもしれませんが。

 

 

・マスクするのが好き

 

 花粉症患者や、鼻炎など鼻に異常のある日本人は多いです。

 

 2月や3月の日本の都会で見る白いマスク姿に異様さを感じる外国人は多いようです。

 

 日本人同士だと、目の前でくしゃみされるのをいやがります。

 

 むしろ、マスクをしていることは、清潔感があると歓迎します。

 

 風引いている場合も含めて、マスクするのがエチケットという雰囲気です。

 

 

・犬が好き

 

 犬好きの人の方が、猫好きの人よりも多いと聞きます。

 

 統計上は、犬を飼っている世帯の方が、猫を飼っているせたいよりも若干多いようです。

 

 犬とのふれあいを描いた映画は多いです。

 

 猫が登場する映画も当然多いのですが、多くの日本人は犬に感動するのです。

 

  犬を扱った映画

 

   南極物語(1983年)
   ドン松五郎の生活(1986年)
   ハチ公物語(1987年)
   わさお(2011年)
   里見八犬伝(1983年)

 

 犬も猫も人類とともに一緒に暮らしてきた身近な動物です。

 

 日本人が、犬がとりわけ好きな理由の一つに飼い主に忠実であるという点ではないでしょうか。

 

 

・共通の話題でみんなで盛り上がる

 

 日本人が集まっている時、飲み会でもそうですが、
 盛り上がっている話題を共有しているもの同士、あるいは、同じ経験をした人、
 あるいは,同じ趣味の人同士が、自分たちしか知らない話題で盛り上がります。

 

 その輪に入れない人よりも、共鳴・共感しあう人同士と過ごすことが心地良いかのようです。

 

 その輪に入りたいと強く思う心理になる日本人は多いと思います。

 

 疎外感を感じる人や、合わせることが煩わしい人には、
 知らないと面白くなく、分からない話題を、いつまでも盛り上がることに戸惑いを感じます。

 

 「みんなで話題を合わせるゲーム」のようです。

 

 海外の人も何かルールでもあるのかと思うかもしれません。

 

 日本人同士のコミュニティに馴染めない人がいるとしたら、
 それは、話が面白くなくてもOK、黙っててもOKという気楽さになれず、
 気後れしている気になり、好きな話題を口にする自由さも感じていないということです。

 

 和というのは、時に壁を作りがちなものです。

 

 仲間うちでない部外者を生み出すものです。

 

 そこには息苦しさも存在するのです。

 

 

・2番手から追いつくのは得意。

 

 キャッチアップは特異なんです。でも、追い越したら油断してしまいます。

 

 前の車に追いつきたい心理も同じです。

 

 置いて行かれることに恐怖や寂しさを覚える心理もあるのでしょう。

 

 明確な目標を持つことに対しても「相対的」な気がします。

 

 つまり、ビジュアル的に前に見える相手あっての競争です。

 

 前方に競争相手がいるとモチベーションが維持でき、努力する理由が見つかるのです。

 

 前を向いたらビジュアル的な目標が見えなくなり、

 

 後ろに見えない敵がいる場合や、自分の中に敵がいる場合は、
 チャンピオンであり続けることが苦手なような気がします。

 

 

・プロジェクトの成果はみんなのものという意識

 

 特定の一人の手柄というのは抵抗があるのです。

 

 結果的にみんなで勝ち取ったことに喜びを感じるのです。

 

 最近は、個人にスポットライトを浴びせる傾向にあるような気がします。

 

 個人的には、創造力の大元や最初のたたき台は個人レベルからしか生まれない気がします。

 

 

・お酒に溺れることに寛容

 

 公共の場での酔っぱらいに違和感もなく、目くじらを立てることもなく、法的に規制されてはいません。

 

 お酒はコミュニケーションに必要であり、人に飲ませることを強要することもあります。

 

 このことが問題になることはあります。

 

 他にも、非常に気を使う日本社会における人間関係のストレスを癒やす手段としても欠かせません。

 

 ちなみに、飲酒運転に厳しい罰則があってもなくならないのは、
 日本では、仕事(接待)として行事のように飲む機会が多いことや、
 飲んでも気は張ってて、自分はしっかりしていると思う人が多いからではないかと推測します。

 

 

・みんなに役割分担させようとする

 

 一般的に、会議における議長や書紀、自治会や保護者会の役員などは、
 ローテーションによってできるだけ、全員に分担させて、参加させようとします。

 

 そういう取り決めにしてしまっている気がします。

 

 

・特定の一人が独裁を行なうことに抵抗ある

 

 ボスはお飾りや形だけ、という場合があります。

 

 

・責任の所在がはっきりしない

 

 全員が責任を負う覚悟はあっても、誰か一人に特定させない心理が働くのかもしれません。

 

 「手柄は個人、責任も個人」ではなく、「手柄も責任もみんな」という傾向が強いと思います。

 

 一人ひとりが責任を感じて反省するのが日本人。

 

 でも、官僚機構では、責任がうやむやになるケースもあります。

 

 

・名前を呼び合う夫婦は多くない

 

 子供の前では、相手のことを、「お父さん」、「お母さん」、「ママ」、「パパ」と呼ぶ夫婦は多いです。

 

 自分の父や母を呼ぶ時と同じ言葉です。

 

 第三者に対して、夫が妻のことを言う時、「つま」、「よめ」、「うちのやつ」などと言い、
 妻が夫のことを言う時、「おっと」、「しゅじん」、「だんな」などと表現しますが、
 ファーストネームではあまり呼びません。

 

 

・社長の苗字や名前を呼ばない

 

 社長に対しては、「シャチョウ」と呼び、専務に対しては、「センム」と呼んだりします。

 

 名前を呼んだり使うことは失礼にあたるのです。

 

 鈴木社長に対して、「鈴木社長」とは呼んでも、「鈴木さん」とは呼びません。

 

 天皇陛下におかれても、在命中は「てんのうへいか」とか「へいか」と言います。

 

 この世で一人であるためです。昭和天皇などの諡号(しごう)は崩御後に贈られるものです。

 

 


日本人が好きなもの

・女装

 

 日本人は太古の昔から女装が好きだったようです。

 

   倭健命(ヤマトタケル)が女装をして熊襲(くまそ)を撃った神話がある。   (「日本書紀」)

 

   平安貴族は女性的であることが理想だった。

 

   中世、女装して家や城から抜け出すことが多かった。

 

   女装した源義経が五条大橋で弁慶で出会う話がある。   (「義経記」)

 

   歌舞伎には女形(おんながた 女」を演じる男)という様式がある。

 

   悪霊や早世(そうせい:早死)から男児を守るための女装の習慣があった。

 

   明治時代には司法省によって異性装禁止令が発令された。(女装が法的に禁止)

 

   山梨県甲斐市の信玄堤(しんげんつつみ)周辺で開催される「おみゆきさん」という祭りは、
   男性が女装して神輿を担ぐ。

 

   派手な化粧や髪型、衣装などの外見が特徴のヴィジュアル系(Visual-kei)ミュージシャン

 

 ニューハーフタレント(Transsexual TV personality)が多いのは、女装にやさしい文化だからかも。

 

・魚

 

 海洋国日本は魚大好き。

 

 海を持つ都道府県が多く、出身地を聞いた時、「魚が美味しいでしょ!」と聞くと、
 ほとんどの日本人は「そうですね〜」と答えます。おらが街の魚が一番と思っているのです。

 

 マグロもクジラも当然大好きなのです。

 

・霜降り肉

 

 日本人が霜降り肉を好む理由、あるいは、霜降り肉が高級である理由は、
 肉も魚も脂に旨味があることを知っているからとか、
 和食における煮込みや薄焼きに適した肉を追い求めた結果、などと言われてます。

 

 本来の肉の旨味である赤身が好きだったり(特に海外の人)、
 マグロについても、トロより赤身が好きという人は多いです。

 

 霜降り肉の味もくどいと感じる方もいれば、
 トロトロ感と甘みがたまらないと感じる人もいます。しかし、味が理由ではないような気もします。

 

 レアの焼き加減が好きな日本人は少ないと思います。

 

 赤くて生に近い肉よりも、霜降りでよく焼いた方が好きと思う日本人が多いと思うのです。

 

 牛肉を洗う年配の方の話を聞いたことがあります。

 

 血か菌か知りませんが、穢れを落とす心理だったようです。

 

 魚も牛肉も鶏肉も、水洗いでは菌は落ちないようですが、人によってこだわりはあるようです。

 

 魚は洗うけど肉は洗わないとか、牛肉と豚肉は洗わないけど鶏肉は洗うとか。

 

 当然パック詰めの刺し身は洗えませんが。

 

 思うに、牛肉でいえば、血の滴る真っ赤な肉より、
 色彩的に柔らかな霜降りの方が、日本人には馴染みやすいのではないでしょうか。

 

 

・シップ

 

 温湿布、冷湿布など目的によって種類が違いますが、とにかく日本人は湿布が好きなようです。

 

 肩こりで湿布は大活躍します。肩こりは日本人に特有の症状です。

 

 

・目薬

 

 目的にあった多くの種類があるようです。

 

 ビタミンが配合されたもの、炎症を鎮静させるもの、コンタクトを装着したままでも点眼出来るもの、
 ドライアイ用、防腐剤が使用されていないものなど。

 

 

・胃薬

 

 ストレスで胃を悪くする日本人が多いためです。

 

 

・マンガ、アニメ

 

 言わずと知れたクールな日本のサブカルチャーです。

 

 MANGAという言葉自体も私達だけのものではなくなりました。

 

 

・花見、月見

 

 自然に恵まれている日本では、自然と一体化した境地が好きだと思います。

 

 特に、日本人は、桜が大好きな民族です。

 

 ヒラヒラと舞い散る桜の風情、入学や入社と春の訪れへの喜び、桜色の華やかさ、
 その短い人生への無常感などを感じ、そこに酒席も設けたくなるのです。

 

 厳しい受験戦争や就職活動が終わり、
 桜の開花とともに新学年や新社会人を迎える春が好きなのです。

 

 その春を象徴する桜の下で花見をするのはもっと好きなのです。

 

 陽の光を完全にシャットダウンせずに、柔らかい光に変える障子一枚隔てた部屋が好き。

 

 部屋から障子を開けたら、木々や花々を自然を堪能できる風情も好き。

 

 月が見えればなお最高です。

 

 

・ヒーロが亡くなる映画やドラマ

 

 日本では、ヒーローは死んではいけない国柄というわけではありません。

 

 命を投げ出し人を助ける人が大好きで、命の儚さ、無常、無私に繋がるようなことが好きなのです。

 

 勧善懲悪ものの映画も好きです。

 

 

・お笑い

 

 日本のバラエティ番組は、くだらないものが多いと感じる方はいますが、
 バラエティ番組やお笑い番組は、そもそも単純にくだらないものなのです。

 

 しかし、海外では、日本のバラエテヒ番組は人気があるようです。

 

 海外では、日本人はジョークやユーモアのセンスが無いとか言われますが、
 言葉や顔スタイルのコンプレックスなどの理由があるだけで、
 元々は日本人はお笑いに関してはセンスがあり、厳しい評価をし合うものなのです。

 

 

・風鈴

 

 海外では雑音かもしれませんが、日本人には、涼しい風を音で感じようとするツールなのです。

 

 

・朝礼

 

 一日の始まり(朝礼)と終わり(終礼)のけじめの儀式のようなことが好きなんです。

 

 

・ロックではなく水割りウィスキー

 

 日本人好みの飲み方(割り方)です。

 

 

・水辺に住む

 

 水の豊富な日本は水が好き。

 

 海や川や湖を眺めたり、魚を取ったり、風呂に入るのが好き。

 

 しかし、南米などを含め、海外に移住した日本人は、
 この水辺に住みたがる習慣が災いし、マラリアに罹ったりしたようです。

 

 

・有名店の行列

 

 行列は、並ぶことによる苦しみ以上に、同じ価値観を持ったもの同士の仲間意識や、
 メジャーなものに関わっているような優越感などを感じるようです。

 

 並んだ先に得るものの価値があまり分かってなくても、
 「みんながそこにいるから」、「人がそこに並んでいるから」行列する人は多いです。

 

日本人を扱ったジョーク

人生における最高の生活

 

 「アメリカで給料をもらい、イギリスの住宅に住み、中国人のコックを雇い、日本人を妻にすることさ。」

 

 おしとやかさ、男を立てる、神秘的というイメージが作った日本人女性像。

 

 日本男子としては、最近は少し疑問に思います。神秘的というのは、そうなのかもしれません。

 

 西洋の人々にとっては、元々、芸者(geisha)の着物姿や髪型を神秘的と感じたようです。

 

 原宿(Harajuku)を歩いているギャルなんか見ると、東洋というより宇宙人に見えるかもしれません。

 

 

人生における最低の生活

 

 「中国で給料をもらい、日本の住宅に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人を妻にすることさ。」

 

 

公共スペースでの居眠り

電車、バス、船、飛行機などの乗り物の中、あるいは、公園や駅などのベンチや通路などで居眠りをする日本人は多いです。

 

その理由や日本人の心理について。

 

 ・ほとんどの公共交通機関は静かである。

 

  携帯での会話はマナー違反だし、大声出して会話する人も多くはない。

 

 ・米などの穀物中心の食生活であるため、眠くなりやすい。

 

 ・地面や床面に寝ても、通常はさほど汚くない。

 

  汚れていれば、清潔好きな日本人はやらない。

 

 ・大人から子供まで、仕事や勉強で慢性的に睡眠不足である。

 

 ・通勤や通学途中の睡眠で睡眠不足を解消している。

 

 ・職場と自宅との距離が長く電車やバスに乗る時間が長い。

 

 ・周りに気を使い、人の目を意識し、もてなしやサービスに気を使う分、
  それらのミッションが終わった後の安心感が出て気が緩み、疲れも出て、脱力感もある。

 

  リラックスできる空間は、自宅よりも、電車で座っている時かもしれない。

 

 ・眠っている人のポケットから財布を盗んだりする人もいるが、
  多くの日本人は盗んだりしない。

 

 ・終着駅では、寝ている人を周りの人が起こしてあげたりする。

 

 ・道路や通路、乗り物内においても、総じて、安全である。

 

  そこらじゅうに泥棒や悪人がいるとは思っていないことの油断はある。

 

 ・そんなに見苦しい光景とは思っていない。

 

  公共の場でのキス(kiss)の方がみっともないと思う日本人は多い。

 

 ・乗り物での居眠りは自分だけじゃない。

 

  寝てしまう人は現に多い。

 

  そうすることが礼儀に欠けるという世間の目が存在するならば、ほとんどの日本人は居眠りしない。

 

 

 

人前でするものではないというマナーやルールは各国でたくさんありますが、基準が異なるだけです。

 

各国との違いや意見を知っておいた方がいいとは思いますが。

お気に入りジャパン:日本人っぽさ関連ページ

言霊
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
穢れ
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
怨霊信仰 - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
怨霊信仰 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
邪馬台国
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本人の宗教観
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他3
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他4
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。

 
HOME COOL JAPAN 日本事典 日本大好き外国人 海外で有名な日本人 日本の貢献 サイトマップ