日本のことがお気に召しますように Hope you find Japan to your taste.

和の精神〜概要

 

和の精神

 

の精神というのは、聖徳太子が作ったと言われる十七条憲法のトップ項目に挙げられたものです。

 

・一に曰く、(やわらぎ)を以(もち)て貴(たっと)しとし、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党有り、(略)

 

・二に曰く、篤(あつく)く三宝を敬へ。三宝はとは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。すなわち四生の終帰、万国の極宗なり。はなはだ悪しきもの少なし。よく教えうるをもって従う。それ三宝に帰りまつらずば、何をもってか柱かる直さん。

 

・三に曰く、詔(みことのり)を承りては必ず謹(つつし)め、君をば天(あめ)とす、臣をば地(つち)とす。天覆い、地載せて、四の時順り行き、万気通ずるを得るなり。地天を覆わんと欲せば、則ち壊るることを致さんのみ。こころもって君言えば臣 承(うけたま)わり、上行けば下…(略)

 

二つ目の“天皇”を敬うことや、三つ目の“仏教”を大事にすることより、一つ目の“”が一番大事でトップ項目なのです。

 

当時も、今でさえ通ずる日本人の本質を言い当てた、何よりも大事にすべき徳目で憲法の理念のようなものだと思います。

 

仏教や天皇よりも大事なものがというのは、ある意味驚きを感じますが、納得できます。当時の日本人も不思議に思わないほど、それは当たり前の価値観だったのです。

 

教育現場も親のしつけも、昔から相手と同質の価値観を求める、相手に迎合する、合わせる、などといったことに重点が置かれている気がします。

 

ちなみに、聖徳太子の十七条憲法は、今日で言う憲法とは異なり、官僚や貴族に対する道徳的な規範なのです。


話し合い絶対主義

話し合い絶対主義もの精神から来ているものでしょうか。

 

必ず最後には話し合いで解決できると信じ、望む人は多いはずです。

 

時に、話し合いで決めたものは、倫理・道徳より優先してしまう。

 

例えば、ある学校のあるクラスで、みんなで約束したものを破った罰則として、教室のみんなの前でお尻を出すという話合いが何かの間違いで決まったとします。

 

実際、約束違反者が出てしまい、しかもそれは女子生徒だった時。

 

さてどうしましょう?

 

なんとなくこれはまずいという雰囲気の中で、明確に答えを出せない人が多いのではないでしょうか?

 

これは話し合いでみんなで決めたことが優先して、道徳や良心を邪魔し、公序良俗の観点から見れなくなってしまうというこではないでしょうか。

 

 

また、テロリスト相手に、話し合いしかないと、主張するのもどうかと思います。話し合いは解決手段の一つであって、絶対的なものではありません。

 

話し合いで収まる相手だったら、ヒステリックな行動はしないはずとも思えます。

 

現にレイプしている実行犯に、「やめましょう、話し合いましょう」っていくら声をかけてもナンセンスだと思います。

 

“人権”を叫ぶ前に、まずは“蛮行”を先に腕ずくで止めるべきだと思います。

 

何かの道具を使うなり、羽交い絞めするなりしないと解決しない事も多いと思います。

 

また、教室でイス振り回して、暴れまわっている生徒がいたとして、誰かが体を張って立ち向かわないと解決しないシーンも、多々あるのではないでしょうか。

 

過去において、世界の多くの紛争解決のシーンに、憲法の縛りなどの理由で、多くの日本人がいないことは多いです。

 

結局どこかの国や誰かが解決させて、日本は、結果的に何もしなくて正解だった、ということになり、余計に何もしなくてよかったことに自信を深めます。

 

世界の“”を、あるいは“平和”というものを維持するためには、裏付けが必要で、平安時代の貴族のように詩を詠んだり、現代のようにわが国は平和憲法があるからと、叫んでいるだけではまったく解決にはならないと思います。

学校での日本式のいじめ

日本では、「主義主張を大きな声で言い返せない人、突出した者、同化していない者、周りと異質な存在、少数派」などを、みんなでいじめるのが特徴だと思います。

 

・大きな声で言い返せない者

 

何かのハンデがあっても、立ち向かったり、大きな声で言い返せる人は概ね大丈夫です。人間は、体が大きくても、気の弱い人や言い返せないと分かった時、ちょっかいを出すものだと思います。例えば、相手に口撃など何らかの反撃でも一発かましたら、大きく吠えていた犬が、キャンキャンと言って逃げていくものです。以後、争いを避け、抑止力になるものです。少なくともそういうことを知っておくべきだと思います。

 

相手が気の済むまで黙っておくとか、誠意を示せば分かってもらえるなどとは考えないことが懸命だと思います。起きていることを周りに知らしめ、大きな声を出し(ちゃんと言い返し)、殺されるわけでもない限り、ずるずると言いなりになることは避ける方向がベターだと思います。

 

・少数派

 

勉強もスポーツも身長も身体の特徴も主義主張も、絶対的なものかどうかは問われず、その場の空気や意見が大勢を占めているかどうかが基準なのです。少数派というのは相対的なことでもあり、まずは自分が事実を受け入れ、それがいじめの原因にされることに断固戦う姿勢を持つ努力をしてみてもいいのではないかと思います。とにかく、少数派というのは、相対的なものであり、いじめてもいい原因には絶対ならないという信念です。

 

・突出した存在

 

他の多くの凡庸な存在と違った才能や何か目立つというのも、いじめの対象になります。成績よくてもスポーツできても、みんなと価値観を合わせていない者ということで、和を乱すとみなされることがあります。「空気読めない」という言い方もよくされます。「オレたちの立場を考えろ」とか、何か平準さを求めるような。「出すぎた杭は打たれない」と言われ、突出した技術や体力や知識など何らかの能力がメジャーになれば、突出した才能は問題になるどころか尊敬されます。

 

・同化していない者、異質な存在

 

これも少数派と繋がる話です。同化とか異質とかがテーマのいじめというものは、他の場では問題なくても、その場では問題になるという相対的なことが問われるものです。相対的というのは、比較するもの次第、相手次第、つまり、問題かどうかが、そこにいる人の価値観次第なんだというということです。「アイツは俺たちと意見が違うな」とか、「ちょっと変わった○○だな」と思う人たちが、世の中すべてではないという認識を持つことが大事です。

 

 

いじめをされる側が、同化とか異質とか少数であるなどというものを気にしていることを、顔や態度に出さずに、普通に堂々としていることです。

 

堂々とするために取り組めることは、自分に自信がモテる何かを得ることです。私の場合は、徹底的に体を鍛えあげました。これはやってみたら実感できますが、なんともいえない自信が持てます。抑止力とはこういうことだと思いました。それと、人前で話せるように人前で何かできるように、スピーチや何か芸をすることを避けずに体当たりしました。苦手意識は相変わらずですが、これも、なんとかなりそうだという自信が持てるようになりました。

 

和というのは、仲良くするために、あるいは争いを避けるために、同心円の価値観を強いることではないと思います。また、最初から意見をぶつけることなしに折り合うとか手打ちするとか取り込まれることでもないと思います。

 

相手の価値観と同心円になるということは、透明な存在になるということです。つまり、個性を出さないことが、目立たず、いじめられないなんて、まったくばかげていると思います。

 

完全に無視されたり、いじめられるというトラブルになるか、仲間になるかの選択しかないとは思わない方がいいと思います。願わくば毅然と構え、影響されない、邪魔されない存在でありたいものです。多くの日本人は、総じて、うまく腹六分〜八分で付き合う関係ってヘタのような気がします。

 

空気を読むというものから解放されていて、独立した存在で、毅然と居続けるという選択肢もあります。日本では孤立しがちで、一匹狼と呼ばれることもありますが。

強豪チームには奮戦し、弱小チームに不覚を取る

スポーツでは強豪チームには奮戦し、弱小チームに不覚を取ることがしばしあります。

 

の精神の下では、相手に合わせることばかり教えられます。

 

「妙に相手のレベルに合わせ、それなりの実力差の範囲での試合」をしてしまう。こんな心理が作用が働いている気がします。これも相対的な話です。

 

弱いチームに勝つ場合、そのレベルを意識してほどほどの力の差で勝ってあげることがありますが、これほどバカにしたものはないと思います。徹底的に屈辱的な負けを思い知らせることの方が、相手を敬い、互角の意識を持った証明になると思います。

 

同点や逆転を許し、「欲張ってあと1点でも2点でも取っていれば、・・・」というケースの試合も、たまにあるのです。

 

陸上や水泳のアスリートたちが皆言うには、「ファイナリストになると、一流選手が、『流す』のではなく、『本気』で挑んでくるのがうれしい」とコメントします。この例は、力の温存とか戦術あっての話ではありますが、お互いの実力を敬い、真剣勝負をするから、ファイナリストは価値があるのです。

 

そもそも、コテンパンにやっつけることを敬遠する気持ちがあるとしたら、武士の精神とか、和の精神を勘違いしているとは思いますが、思い直した方がいいです。判官贔屓とか、危機意識の無さが作用しているのかもしれません。

 

敗者にも敬意を示し、試合後には禍根を残さず、礼儀で終わるためにも、真剣勝負は必要です。

和を座右の銘にする日本人

かつて「」というものを、座右の銘にした首相もいました。別に、違和感を抱く日本人は少なかったでしょう。むしろ、いい人だ、平和論者だと安心する方も多かったでのではないでしょうか。

 

国際貢献として「普通の国(になるべき)」を論じる政治家もいました。何が普通なのでしょうか。アメリカが普通で、アメリカがグローバルスタンダードなのか。西洋合理主義が普通なのか。キリストやイスラムや他の多くの宗教のように、それらが生活様式の根底にあるのが普通なのか。

 

日本の特異性が際立っているから、それこそ日本以外がすべて普通ということになるのか。その特異性に、例えば、があるのかもしれません。

 

が乱されるどころか、平和が乱され、危機が迫っている時でさえ、軍事的な防衛を認めない価値観も特異性かもしれません。あるいは、家族の病気や死よりも、仕事仲間とのを保つことを第一と考えることも特異性かもしれません。

 

ちなみに、を強調する時、世間や家庭や職場の環境が、実際ではそうでないからだという場合が多いものなのです。

 

愛や平和が満ち足りている環境よりも、そうでない時の方が、人はそれらの大事さを訴えたいものだと思います。

個人プレーのサッカーより、みんなで点を取る野球が大好き

野球は日本の文化とも言えますが、残念ながらサッカーは文化とまではなっていません。

 

の精神が育んできたものとそうでないものの違いと思います。

 

近年は、日本式のサッカーというものが確率されつつあるように思えます。

 

アジリティー(agility)とも言われますが、日本人の俊敏さ、軽快さです。具体的には、軽快なパスサッカーです。戦術からそうするのですが、繋いで繋いで点を取ることに和という価値を見出していると感じることもあります。結果的にゴールに繋がらなくても。自己満足かもしれません。しばし、組織サッカーとも言えるこの戦術が、個人の独創プレーに引き裂かれることもありますが。

 

点を取るのは、誰かがゴールをするのですが、決めたのは自分ひとりだけじゃない、みんなで勝ったんだというのが日本人は好きです。解説するアナウンサーや観戦するサポーターもTVの視聴者もそう望みます。

 

壁パスや空いたスペースを使ったり、ゴールの確率の高い有利な選手へのパスなどは、もちろん正解です。しかし、最後まで自分一人で決めることの後ろめたさから来る他の選手へのパス、などがたまに見受けられ、残念に思うことが多いです。

 

「結果的にみんなで取ったゴールですね〜」という解説に皆うっとりします。

 

1人でドリブルで5人抜きなんていうのは、日本の場合、歓喜した後、うれしい反面、これでいいのか疑問がよぎる人もいるかもしれません。

 

私の考えでは、少なくとも、ストライカーで、ペナルティエリア内にいるなら、エゴイストでいいです。「オレがオレが」というエゴイストになってもらわなければ逆に困ります。

 

元々エゴイストで個性の強い連中がいて、初めて、その次に調和とか連携とかが意識され、課題となるという順番や向きと思ってます。

 

最初から調和が取れているけど、メリハリがなく、爆発的な調和力も生じないのが日本の常です。

 

例えていえば、オーケストラのようなもの。

 

日本の楽団を指揮するとき、そう感じる指揮者がいるそうです。

 

最初から妙にまとまっていて、自己主張から来る揉め事も少ないけど、爆発力も、ピタっとハマる調和もない。

 

「スターは要らない、全員で頭を使って走る」という流儀を貫く代表監督もいましたが、それは個性の強い、個性派のスターがいたから成り立つ話です。

 

全員野球と個人プレーのサッカー。

 

サッカーを知らない人は、サッカーを個人プレーの種目だと思っているのも誤解です。

 

フォーメーションがあって、戦術があって、ポジションチェンジやおとりや流れるようなメンバ全員の連携プレーが必要です。

 

欧州や南米の名選手のように、エゴイスト丸出しで決定率抜群のストライカーが少ないのはある意味仕方ないような気がします。日本では、どの分野でも突出した人間は少ないです。

 

たった一人で(ゴールを)決めることは、本人も周りも観客も許していないのです。

 

常に全員で競技する野球は大好きで、個人プレーのサッカーはあまり好きでない。こう思っている日本人は多いです。

 

まあ、サッカーと野球の是非をあまり論じるつもりはないですが、女性や子供、お年寄りまで“監督の目”を持った野球と、オフサイドもフォーメーションも分からない日本人が多いサッカーとは、やはり文化の成熟度の差を感じます。

 

海外には、サッカーに熱狂的なおじいちゃんやおばあちゃんの地元サポーターがいますが、日本では少ないです。これから数十年を経過する必要があるでしょう。

 

ちなみに、日本の野球のプロ化(プロ野球)は戦後始まり、Jリーグのプロ化の歴史も浅く、欧米や南米のサッカー強豪国のプロ化は90年から100年以上が普通です。競技の歴史ではなく、プロ化の経過年数です。

 

歴史が違います。

 

また、欧米や南米では野球をしませんし、ましてやプロのリーグなんてありません。

 

野球の世界一、金メダルといっても、プロのリーグのある十数カ国の中でのことです。

 

欧米でMLBのイチローやAロッドなんか知りません。ましてや長嶋茂雄なんて知りません。

 

逆に、ほぼすべての国や地域に存在するフットボール(サッカー)という競技。この世でサッカーという競技をしない国はないでしょう。サッカーのワールドカップというのは、その中での世界一ということです。

 

ヨーロッパの国々が表彰されることはない野球が、オリンピック競技から外れるのは仕方ないと思ってます。オリンピックはヨーロッパのものであるという認識を知るべきです。

 

野球が世界で再び市民権をえるためには、血の滲むようなロビー活動などを地道にやっていくしかないでしょう。

訴訟より和解

日本では、争いごとを訴訟で徹底的に交戦までして、白黒の決着をつけたくない傾向があります。

 

裁判に至らず示談になったり、裁判所が関与する和解や調停などの解決方法がありますが、裁判の3割から5割は、和解で解決すると聞いて納得できます。願わくば、争い自体を避け、争いを早期に解消させ、どこかで折り合い、落としどころを探ろうとします。もちろん、費用やリスクの軽減などのメリットもあるのでしょうが。

 

日本人は、白黒の決着を、あまり求めていないように思えます。

 

禍根を残すことを嫌うことが底辺にあり、それは怨霊信仰というものが、ベースになっていると思います。

 

双方が納得してまるく収める方向を、周囲も模索しようとします。

 

ただし、日本人同士の場合はそれでいいと思いますが、国際的な場では通用しないことを知っておくべきだと思います。

極東の絶海の孤島に文化が行き着いた果て

日本は、大陸や南方からの文化の行き着く最後の場で、そこで技術や文化が 熟してしまう傾向があります。

 

絶海の孤島で逃げ場がなく、和を重んじる必要があったのかもしれません。

 

和の精神を考えるとき、絶海の孤島で、異民族の外敵がいなかったことは、関係あると思います。

 

異国から日本に入ってきた文化、技術、宗教、習慣など、あらゆるものが、変化して、熟して、別のものになります。

 

日本に入ってきた後に、消えずに残ったもの、熟して変化したものはたくさんあります。

 

 ・ユダヤと似た言葉や風習が残っている。
  (イスラエルの失われた10支族の1つが日本に渡ったという伝説)
 ・先進国ではなくなった土着の宗教が、先進国の日本に残っている。
 ・トランジスタを小型ラジオに応用する。
  (ソニー)
 ・鉄砲が伝来して、鉄砲鍛冶が成立するほどに根付いた、。
 ・発祥の地インドではほぼ途絶え、日本ではいろんな宗派ができ、多くの高層を生んだ仏教
 ・日本発祥のカレーのルー
 ・日本発祥のスパゲティ・ナポリタン
 ・日本発祥の中華丼(八宝菜を丼にした?)
 ・日本発祥のインスタントコーヒー
         :
         ・

 

まだまだたくさんあります。

お気に入りジャパン:和関連ページ

言霊
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
穢れ
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
怨霊信仰 - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
怨霊信仰 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
邪馬台国
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本人っぽさ
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本人の宗教観
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他3
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他4
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。

 
HOME COOL JAPAN 日本事典 日本大好き外国人 海外で有名な日本人 日本の貢献 サイトマップ