日本のことがお気に召しますように Hope you find Japan to your taste.

海外で有名な日本人(1)

 

富嶽三十六景

 

・緒方 貞子(Sadako Ogata)

 

 第8代国連難民高等弁務官(1990年 - 2000年)

 

 第8代国連難民高等弁務官 緒方貞子 著名な日本人の活動 国連UNHCR協会について | 国連UNHCR協会

 

 「平和は受け身で行動しているだけでは得られない」

 

・スワーダ・アル・ムダファーラ(Suad AL-Mudhaffar)(旧名は、森田美保子)(オマーン Sultanate of Oman) - アザン・ビン・ケイス・プライベートスクールの校長

 

 オマーンに世界一の学校を作った女性。
 「アザン・ビン・ケイス(AZAN Bin Qais)私立学校」を開校。
 男女共学、英語とアラビア語のバイリンガル教育。
 障害児の積極的な受け入れ。

 

 スワーダ・アル・ムダファーラオフィシャルブログ

 

 

・王 貞治(Sadaharu Oh)

 

 世界最高本塁打数(通算本塁打数868本)記録保持者。

 

 現役時代のニックネームは「ワンちゃん」。「世界の本塁打王」、「世界の王」とも呼ばれる。
 左投左打で内野手(一塁手)であった。
 現役引退後は巨人で助監督と監督、その後解説者、ダイエー・ソフトバンクの監督を歴任した。

 

 第1回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の優勝監督でもあり、
 第2回大会では監督相談役を務める。

 

 ハンク・アーロンと共に世界少年野球大会を提唱し、
 大会を主催する世界少年野球推進財団の理事長を務める。

 

 王貞治ベースボールミュージアム

 

 

・神田 瀧夢(Rome Kanda)

 

 日本人初ABC司会者

 

 Rome Kanda (神田瀧夢) - Facebook

 

 

・福島 孝徳(Takanori Fukushima)

 

 「神の手」を持つ脳外科医

 

 脳神経外科医 福島孝徳 公式サイト
 福島孝徳 脳神経センター【東京クリニック】

 

 

・加藤 明(Akira Kato)

 

 元バレーボール全日本選手、バレーボールペルー女子代表監督。
 1968年のメキシコ五輪ではチームを4位入賞。

 

 

・辻 宏(Hiroshi Tsuji )

 

 「天使の歌声」を甦らせた日本人
 破損され200年以上も放置状態だったサラマンカの大聖堂のパイプオルガンを修復。
 辻宏さんがが復元させた「天使の歌声」は今も、遠くサラマンカの大聖堂に響き渡っている。

 

 NHK世界遺産 シリーズ世界遺産100

 

 

・安藤 百福(Momofuku Ando)

 

 インスタントラーメンの生みの親
 阪神淡路大震災でのチキンラーメン号は有名。

 

 安藤百福の名言 地球の名言

 

 「“食”は“人”を“良くする”と書く」

 

 

・バロン 薩摩(薩摩 治郎八(さつま じろはち) Baron Satsuma)

 

 「パリ社交界の風雲児」 「東洋の貴公子」 「東洋のロックフェラー」

 

 フランスにて、10年間で約600億使ったという日本の実業家、作家で大富豪。

 

 

・川上 貞奴(Madame Sadayakko)

 

 20世紀初頭、世界中でブームを起こした日本初の女優。
 ピカソやロダンを虜にした絶世の美女。
 バッキンガム宮殿でイギリス皇太子エドワードの前で演じる。
 「凛とした美しさ」

 

 

・竹田 嘉兵衛(takeda-kahei)

 

 幾多の職人が手を加える究極の日本工芸:有松絞り。

 

 絞り・有松絞り・着物・浴衣・和服・竹田庄九郎|株式会社 竹田嘉兵衛商店|HOME

 

 

・湯川 秀樹(Hideki Yukawa)

 

 日本人初のノーベル賞受賞者。核廃絶の闘い。

 

 

・雨宮 清(Kiyoshi Amamiya)

 

 世界の地雷原を生まれ変わらせる男。山梨日立建機社長。
 地雷を安全かつ迅速に除去する機械を開発した。

 

 受賞者紹介 社会貢献者表彰

 

 

・諸田 恵美子(EMIKO MOROTA))

 

 パラグライダーで空撮を行うカメラマン。

 

 

・岡野 雅行(Masayuki Okano)

 

 世界が注目するゴッドハンド!下町の町工場のエジソン。岡野工業の社長。
 硬くて加工しにくいステンレスを深くプレスした携帯電話のリチウムイオン電池のケース
 痛くない超極細の注射針

 

 中小企業庁:元気なモノ作り中小企業300社:岡野工業 株式会社

 

 

・黒澤 明(Akira Kurosawa)

 

 世界に影響を与えた映画監督

 

 《監督作品》(全30作)
 1943年「姿三四郎」 1944年「一番美しく」 1945年「續姿三四郎」
 1945年 「虎の尾を踏む男達」 1946年「わが青春に悔なし」
 1948年「素晴らしき日曜日」 1948年「醉いどれ天使」
 1949年「静かなる決闘」 1949年「野良犬」 1950年「醜聞」
 1950年「羅生門」 1951年「白痴」 1952年「生きる」
 1954年「七人の侍」 1955年「生きものの記録」 1957年「蜘蛛巣城」
 1957年「どん底」 1958年「隠し砦の三悪人」 1960年「悪い奴ほどよく眠る」
 1961年「用心棒」 1962年「椿三十郎」 1963年「天国と地獄」
 1965年「赤ひげ」 1970年「どですかでん」 1975年「デルス・ウザーラ」
 1980年「影武者」 1985年「乱」 1990年「夢」
 1991年「八月の狂詩曲」 1993年「まあだだよ」

 

 

・梅林 正直(Masanao Umebayashi)

 

 タイのケシ畑を梅林に。
 アヘンの生産地として知られる黄金の三角地帯で、私財を投じ、農業支援。

 

 

・田村 一舟(Isshu Tamura)

 

 漆と金の魔術師。加賀蒔絵師。
 世界が絶賛した作品が、万年筆に蒔絵をあしらったもの。

 

 


海外で有名な日本人(2)

・福田 敬子(Keiko Fukuda)

 

 柔道創始者・嘉納治五郎の直弟子。世界柔道の母。
 東京オリンピック(1964年)の女子柔道のエキシビションで形の演武。
 講道館九段(2006年 日本女子初)。
 2013年サンフランシスコ自宅で死去(99歳)。

 

 

・西岡 京治(Keiji Nishioka ダショー・ニシオカ)

 

 ブータンの農業を改革した日本人農業指導者。
 ダショー(英語でBESTの意)の称号を送られ、ブータンで最も尊敬された日本人。

 

 西岡京治 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

 

 ブータンの教科書に載っており、ブータンで西岡氏を知らない人はいない。

 

 2014.06.14 ブータンのパロの国立農業機械化センターに記念館が完成

 

・杉山 龍丸(Tatsumaru Sugiyama)

 

 インドで「緑化の父(Green Father)」と呼ばれる男。旧帝国陸軍軍人。
 杉山農園を売却して植林を開始。
 470キロに及ぶ国際道路にユーカリを植え、
 全長3000キロに及ぶ丘の土砂崩落を止めた。

 

 

・金栗 四三(Shizo Kanakuri)

 

 世界の絆となった日本マラソンの父

 

 ストックホルム・オリンピックで、日射病で意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。
 スウェーデンオリンピック委員会からの打診で、オリンピック開催55周年を記念する式典への参加。
 「あなたはマラソン競技で行方不明になったままなので、ゴールをしに来て下さい」

 

 金栗四三さんは、オリンピック記念行事のグランドを走り、ようやくゴール。
 54年と8月6日5時間32分20秒3は、五輪マラソンの世界最低記録。

 

 「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントし、会場は爆笑。

 

 

・李 方子(り まさこ、イ・バンジャ、Ri Masako、Yi Bangja)

 

 朝鮮王朝最後の皇太子妃。元皇族。梨本宮家。

 

 

・牧野 幸江(Yukie Makino)

 

 マダガスカルで6000人の命を拾い上げた助産婦。修道会のシスター。

 

 受賞者紹介 社会貢献者表彰

 

 

・吉岡 秀人(Hideto Yoshioka )

 

 1万人の子供の命を救う医師

 

 発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い
 ジャパンハート JAPAN HEART −国際医療協力・海外医療ボランティア医師団−
 吉岡 秀人 | Facebook
 吉岡秀人@ジャパンハート (yoshiokahideto)さんはTwitterを使っています

 

 

・山崎 宏(Hiroshi Yamasaki)

 

 山東省で贖罪続けた「元脱走兵」医師。日中戦争における従軍獣医師。
 中国で医師の資格を取り、地域医療に貢献。
 2010年、102歳で死去

 

 

・松久 信幸(Nobu Matsuhisa)

 

 世界10カ国以上に飲食店を展開する料理人。
 NOBUの名で親しまれている。

 

 Home ≫ Nobu Restaurants
 NOBU TOKYO in 虎ノ門(ノブ・トーキョウ) R・デニーロと共同経営
 Nobu Matsuhisa

 

 

・志賀 あけ美(Akemi Shiga)

 

 1995年パリ・ダカールラリーに参加した日本人ドライバーたちによって設立された
 NPOセーブアフリカの代表。

 

 モーリタニアで陸の孤島と化した砂漠奥地の町へ、医療物資を届ける活動を行っている。

 

 パリダカ日本事務局 パリダカ日本事務局 DAKAR RALLY
 モーリタニア*砂漠の国へようこそ
 NPO法人 Save Africa l Top

 

 

・赤井 勝(Masaru Akai )

 

 自らを「花人(かじん)」と称す。
 「装花」という独自のスタイル。

 

 赤井 勝 公式サイト -Akai Masaru Official Website
 Akai Masaru Official Blog|赤井勝オフィシャルブログ
 赤井勝 | Facebook

 

 

・園田 天光光(Tenkoukou Sonoda)

 

 日本初の女性代議士。
 餓死防止同盟」という団体を結成。
 日本に最初にブルガリア・ヨーグルトを広めた。

 

 

 

 

・大竹 富江(Tomie Ohtake)

 

 ブラジルが誇る現代美術の巨匠。

 

 1936年、すでに移住している兄を頼りブラジルに渡る。
 子育て後、本格的に、絵に取り組み出したのは39歳になってからという。

 

 最初は風景画。1960年代以降は抽象画に取り組む。

 

 1974年、サンパウロ芸術批評家協会年間最優秀芸術家賞。
 88年、ブラジル政府が民間人に与える最高の勲章リオブランコ賞を受けた。

 

 2001年、はサンパウロに大竹富江文化センターを創設。

 

 大竹富江文化センター - 地図・観光情報 【トリップアドバイザー】

 

 2014年現在100歳。

海外で有名な日本人(3)〜杉原 千畝(Chiune Sugihara Sempo Sugihara)

杉原 千畝(すぎはら ちうね)さんというのは、東洋のシンドラーと呼ばれてます。

 

オスカー・シンドラーというのは、第二次世界大戦中、強制収容所に収容されていたユダヤ人のうち、
自身の工場で雇用していた1,200人を虐殺から救ったのです。

 

 

1940年、リトアニアのカウナスにある領事館に赴任していた1人の日本人のもとに、ポーランドから大勢の人が訪れました。ヒトラー率いるナチス・ドイツによる迫害を逃れるために流れてきたユダヤ人たちだったのです。

 

彼らの逃げる場所は、税関の無いオランダ領キュラソー島。そこに向かうには日本を通過しなければならない。

 

通過ビザを手に入れるために、彼らはリトアニア領事館の杉原千畝にビザを頼んだのです。

 

最初の避難民は100人程、それからも増え続けました。

 

杉原は日本と連絡をとり、ビザ発給の許可を申し出るのですが、
しかし日本はドイツと同盟を結ぼうとしていた時代。杉原の申し出は拒否されたのでした。

 

杉原は目の前の民衆を見捨てる事はできず、悩みに悩んだ末、ついに決断。

 

 

「かくして、忘れもせぬ1940年7月29日からは、1分間の休みもなく、ユダヤ難民のため日本通過ビザ発給作業を、開始した次第です」

 

杉原の手記にもあるとおり、毎日何百人分ものビザを書き続けました。

 

自分や家族が犠牲になる覚悟の上で訓令違反を犯したのです。

 

杉原さんの勇気の決断により、救われた命は6000人とも8000人とも言われている。

 

ユダヤ人たちにとって、これはまさに『命のビザ』だったのです。

 

【NPO 杉原千畝命のビザ】NPO Chiune Sugihara. Visas For Life

 

知っていましたか? 近代日本のこんな歴史 杉原千畝と「命のビザ」 〜東洋のシンドラーと呼ばれた外交官〜

 

Chiune Sugihara Jewish Virtual Library

 

 

杉原 千畝さんに助けられた人たちの一部をご紹介します。

 

ダニエル・グリーンバーグ Daniel Greenberg(Australia)、ティア・ドウセルドロップ
杉原千畝 

 

ハナ・アルタレッツ・イチコヴィツr(Israel)
杉原千畝 

 

イスラエル・キペン Israel Kipen(Australia)
杉原千畝 

 

マイケル・ニューウェルト Michael Neuwelt(Canada) 、 アン・ニューウェルト Anne Neuwelt(Canada)
杉原千畝 

 

モシェ・ズプニック Moshe Zupnik(USA)
杉原千畝 

 

ドラ・グリンバーグ Dora Grynberg(Australia)
ロバート・・グリーンバーグ Robert Grynberg(Australia)
マイケル・ニューウェルト Michael Neuwelt
モシェ・ズプニック Moshe Zupnik
イスラエル・ブラス Israel Blass(Canada)
バーナード・カプラン Bernard Kaplan
サラ・コーエン Sara Cohen(Canada)
マリア・カム Maria Kamm(Australia)

 

杉原千畝 

 

ドラ・グリンバーグ Dora Grynberg 、ロバート Robert、アリ Ali
杉原千畝 

 

ソリー・ガノール Solly Ganor(Israel)
杉原千畝 

 

杉原 千畝さんに関する記事その他

 

・仏紙が日本のシンドラーと紹介(1990年代)

 

 

・劇団「銅鑼(どら)」の「センポ・スギハァラ 再び夏へ」

 

 杉原千畝さんの実話を元にした芝居をやってます。

 

 劇団銅鑼 「センポ・スギハァラ 再び夏へ」

 

 

・劇団「銅鑼」の「センポ・スギハァラ」

 

 現在の「センポ・スギハァラ 再び夏へ」とは別作品です。

 

 1994年には、「センポ・ススギハァラ」がリトアニアの新旧の首都ビリニュスとカウナスで公演される。

 

 会場は満席、総立ちのカーテンコールだったようです。

 

 この公演に合わせて、カウナスの日本領事館跡には、
 スギハラさんの功績を讃える記念プレートの除幕式があったようです。

 

 式では、杉原千畝さんの妻、幸子さんからのメッセージも読み上げられたそうです。

 

 「夫は『一人の人間がすることをしたまでだ』と言ったもので、当たり前の決断だと思っていました。
  私にとっては生涯忘れることのできない当時の情景が昨日のことのように思い出されます。」

 

杉原 千畝 Senpo Sugihara

 

杉原 千畝 Senpo Sugihara

海外で有名な日本人(4)

・長井鞠子(ながいまりこ Mariko Nagai)

 

 サミットから極秘交渉まで日本を支える日本最高の同時通訳者です。

 

 世界から絶大な信頼を得ており、年間200以上の通訳の仕事をこなす。

 

 大和(ヤマト)ことばを極めるために、和歌を勉強しているとのこと。

 

 そのため、やさしい日本語で定評があるのです。

 

 準備と努力は怠らない。例えば、事前にもらった資料を元に、予め、単語帳を手書きで作る。

 

 「通訳は格闘だ!」

 

 「通訳は同じことの繰り返しはない。」

 

 長井鞠子(2014年3月3日放送) これまでの放送 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 

 

・服部 匡志(はっとり ただし Tadashi Hattori)

 

 ベトナムの人に光を与える眼科医。

 

 ベトナムで無償で医療活動を行ない、日本との往復生活を10年以上も続けています。

 

 アジア失明予防の会(2003年発足)の活動をサポートしています。

 

 

・吉岡 秀人(よしおか ひでと Hideto Yoshioka)

 

 国際医療ボランティア組織 ジャパンハートの代表。

 

 その活動は、日本から医師や看護師をはじめとする多くの医療者やボランティアを、
 ミャンマーやカンボジアなどに派遣し、医療活動を行なっています。

 

 ボランティアというものを、「自分の余力でやっている利他的な行為」と位置づけています。

 

 

仲村幸夫(Yukio Nakamura) 〜 神からオーボエ奏者への贈り物

 

日本のオーボエのブランドがあります。

 

美ら音工房ヨーゼフ(ちゅらうとこうぼう)

 

創業者は沖縄県出身の仲村幸夫さん。

 

オーボエ奏者としてドイツで活躍。帰国後、オーボエの制作を手がけました。

 

沖縄南城市にある「美ら音工房ヨーゼフ」でオーボエを制作し、
材料は、アフリカ産の木グラナディラを使っているのです。

 

一本一本手作りで製作し、独特の音色があり、
ヨーロッパをはじめ、世界中に愛用者がいます。

 

演奏中につばが溜まっていることもすぐに分かり、気になるようです。
演奏者と製作者の双方の立場で演奏者をやさしく見守っているのです。


 
HOME COOL JAPAN 日本事典 日本大好き外国人 海外で有名な日本人 日本の貢献 サイトマップ